iPhone 6用のスクリーン生産がそろそろ?

アップルの最新スマホのうわさがちらほらスマホレビューにも載せられ始めましたね^^数日前に見たレビューでは、画面のサイズが大きくなると書かれていました。iPhoneはあの小さくて持ちやすいところが魅力の一つだと私は思っていたので、サイズが大きくなることに関してはちょっぴり残念でもあります。そして今日のレビューではスクリーンのサイズがはっきりと書かれていました。もう間もなく生産開始されるというのが4.7インチの大きさ、そしてもう一つ、5.5インチサイズがこの後から生産開始されるだろうと。ということは、iPhone 5S、Cのように次回も2つのラインのスマホが作られるということなのでしょうか。生産をするメーカーは、ジャパンディスプレイ、シャープ、LGディスプレイという3つの会社。最初の2社は日本の会社ですよね。スマホ自体の生産はできなくても、部品一つ一つはやはり日本のものは技術が高いということなのでしょうね。ただ、ここに書かれていることは全てが推測^^はやく発表すれば良いのにね。
参考リンク samsung.com

新スマホ

スマホの中でも、キャッシュバック合戦は未だに続いているようです。今年に入っても、10万円近くの高額なキャッシュバックを行っており、それを利用して稼いでいる人も跡を絶ちません。キャッシュバックについては、機種の純粋な乗り換えではなく、キャッシュバックを利用したお金稼ぎを目的としている人がいます。これは単純な方法であり、短期間に乗り換えを繰り返して、キャッシュバックによって現金を手にするのです。特に、契約を1ヶ月以内に解除し、他のキャリアに乗り換えるようなものが、キャッシバック目当ての乗り換えとなっています。全国でも1万を超える人がこのようなサービスの非公式な利用法を行っているようです。この問題は、キャッシュバックの費用を支払っているのはずっと同じ通信会社で契約してきた人ということです。1人あたり3000円を負担している計算になり、これが不公平だという意見も出てきています。
関連タグ ドコモ 新機種

アプリを開発する若手人材の育成講座を開設!

これ良いですよね。私がツイッターでフォローしているあるIT関連の仕事をしている人も、これからの若手育成に様々な支援をしているようですが、ITの世界でも若い時から慣れ親しみ、技術を習得していた方が良いんですね~。私の知り合いの息子さんは今年高校入学なのですが、ゲームなどで子どものころから遊んでいたせいか、プログラマーになりたい!と言っているそうです。そのため、スマホは要らないからデスクトップのパソコンが欲しい!と言っているとか^^こんな中学生もいることに驚きです^^今回見たスマホビューに載っていた育成講座は、サムスン電子の日本法人が開くもの。受講料は20歳までなら無料で、サムスンがお金を寄付して始められるそうです。受講の条件として、「アンドロイドのアプリ開発に意欲があり、最後まで継続して学べる人という。」とのこと。ちなみに20歳を超えると受講料は7万円とのこと。ということは、やはり若い人たちに多く来て欲しい、ということの表れのようです。しかも講座は7月から半年間。全部で65回も行われるんですって!これは彼に知らせてあげなければ!!
参考リンク samsung.com

グローバルでは無線アダプタ

グローバルに載ってスマートフォンをどんどん無線化してきましょう。例えば無線のアクセサリーとしては、イヤホンやスピーカーなどの音楽再生のためのアクセサリーがあります。これらのアクセサリーは、無線でどこでも利用可能で、非常にコンパクトで重宝します。他にも、テレビとの接続をして、スマートフォンの中に保存してあるデータを大画面でいつでもどこでも楽しむアクセサリーもあります。動画だけでなく、旅行の際に撮影した写真でも、みんなで一緒に大画面で楽しむことができます。これまでは有線でアダプターに接続する必要がありましたが、無線でできるとなると、いろいろな利用法が考えられます。例えば外出先でもスマートフォンとこのアクセサリーがあれば、テレビを見つけてモニター代わりにすることができるのです。このようなサービスはどんどん拡大していますので、是非とも何か一つ試しに利用してみましょう。

自己紹介に挑戦

今日は。2回目の投稿ですが、ここではまず運営者の自己紹介させて頂きます。管理人と共に、新スマートフォン編集部長をどうぞよろしくお願いします^^
だけど、改めて自己紹介するとなると案外難しいです。とりあえず、年令は秘密です(^^ゞ
仲間には、チャレンジ精神いっぱいな性格だと思われているようです。
家のことでバタバタして投稿がスローペースになることもあると思いますが、なにとぞ気長に応援していただけたらと思います。